2009年9月29日火曜日

女性起業家交流会in久留米・・終了しましたっ!

先般よりご案内差し上げていた掲件セミナー・・無事終了っ!!

女性起業家の支援を厚生労働省より委託されている
WWB/ジャパン 代表の奥谷京子氏より、筑後でメンター交流会を実施してみたいが・・ どうだろうか?とのご相談を受け・・
筑後の女性のがんばりの為に・・実施頂けるならばっ、ぜひとも!と、女性の応援団を名乗るClover portとしては、そらぁ~ご協力させて 頂くことには1もなく2もなく・・
もろ手を挙げさせて頂いた結果・・・大変にありがたいことに、共催という形で関わらせて頂けた次第。。

今回、至るまでの1ヶ月半…そこまでの広報をした訳ではないのだが・・周囲の協力もあり、時期が近付くにつれ、インフルエンザなどの影響等少々、心配していた参加希望の数も徐々に増え、そして・・
当日、ご参加頂いた方も・・やはり求める方々はいるのだっ!と、再認識した次第であった。

"起業"と掲げると、一般的にどうにも引きたくなる気持ちは 理解できるのだが・・特段、そんな大仰なものではなく・・ もっと気軽に~というスタンスの元に募集をかけさせて頂いた次第であった。

構えずとも何かを見つけるきっかけにして頂ければ~という思いを込めて 個人的にも・・この方にはご参加頂きたいと思った方に、お誘いをさせて頂いたことである。

なぜならば、昨年行なわれた筑後地区でのSOHOリレーフォーラムin筑後をきっかけとして、知り得た奥谷氏の名前のごとく奥の深い懐をお持ちの・・ その仁徳&人徳に惚れた故っ..
奥谷氏の前では、肩を張らない対面が可能だと知っている故・・

そして・・
やはり思った通りのすばらしい交流会実施が実現となったという訳である。
---------------------------------------------------------------
メンター講師の山田翔光(本名理恵子)氏は、書家であり表札デザイナーを日本初創出したという第三者からは、ある意味手の届かない世界の人かっ!?と・・ 思われがちなのだが・・・気さくであり・・そして非常にパワーあふれる女性である。
その元気は、決して気負いなどではなく・・・彼女の体の奥、精神の奥から~自然に湧きあがる底力ともいえる・・魂自体のパワーだろうと思われる。。
その精神の真髄故に、参加者の心を捉えたのだろうと思っているっ!!

彼女にとっての女性力を問うた・・
しなやかさ」だとひと言っ!
やはり、実にすばらしい女性だと感じ入ったっ!!

先ずもっては、
開催頂いた奥谷氏・・山田氏・・ご両名に感謝っ!!

そして、
ご参加頂いたちっごの元気な女性達に感謝っ!!

女性起業家交流会in久留米…

みなさま・・
たくさんの元気をありがとうございましたぁ!!m(__)m
Arakaki write by

2009年9月23日水曜日

Clover portのロゴを変更しましたっ!

Clover port設立時に見つけた5つ葉のクローバー☆

どうしてもそれをロゴに活用したく、

長いこと考えていたのだが・・

今回、ようやくそれを実現っ!!


クローバーはハートを繋いだ形をしている・・

人が心で繋がるそんな感じがしないだろうか?

ハートが4枚ではなく、

     5枚だったというところに何となくこだわりを持ちたい・・

そんな思いから~生まれたロゴである。。

IT情報マネジメント用語に
「Five forces Analysis 」というものがある・・

Goo辞書よりの引用であるが・・
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「業界の収益性に影響を与える要因を分析するフレームワーク。マイケル・ポーターが提唱したもの。

あらゆるプレーヤーにとって業界の魅力度を表すと同時に、先発企業の優位が持続しやすいか否か、
あるいは新規事業者にもチャンスがあるかといった知見を与えられるため、個別企業の戦略策定にも大いに役立つ。
5Fとは、
①業界内の競合企業 
②新規参入の脅威 
③代替品の脅威 
④売り手の交渉力 
⑤買い手の交渉力
である。 業界内の競争を狭義の競争とすれば、これら業界を取り巻く環境からのプレッシャーも含めた
競争は広義の競争である。
ポーターは貨物タンカーなどいくつかの業界を調査し、この広義の競争環境こそが業界の収益性を規定することを証明した。 」

「また5は、5つの力とも言う」
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
とある。

まっ、正直小難しいことはさて置いて・・^^;

この5つの力・・Clover portなりを成形したいの思いを込めて~

Arakaki write by