2009年3月31日火曜日

今年度最後のセミナー終了っ!

「パソコンを教えてみようっ!」セミナー
1週間というClover portにとっては…1番長いセミナーが終了っ!

今回のセミナーは、パソコンインストラクターを目指したい女性向けに…のみならず、日頃のパソコン操作に加え…役立つ操作の提供をも目的としての実施..

これらは、特に子育てママにとっての社会復帰に繋がる一つのきっかけセミナーでもあった..
パソコンボランティア講師としても関わっている繋がりから、パソコンボランティアグループとのタイアップをはかることで、パソボラ講師登録の目的を前面に出した訳であるが…
市主催PC講座への従事は、この先プロのインストラクターを目指したいと考えている方にとっての研修の場となりうるだろうし、受講された方々の就職活動にも繋がるだろうと…

という訳で、1週間の長丁場の超速の講義にもめげず・・皆さんはセミナーを無事こなし…
そして、12名中10名が登録申請を提出..大変にうれしい結果を得ることとなった♪

「速いけど、わかりやすいっ!」というお声も頂き、
講師冥利につきるとはこのことか…と、実施できて本当に良かったっ!と思っている..
終了後、早速・・市の生涯学習課に登録申請書の提出をしたところ・・大変に喜んで頂け、これまたうれしい限りであった。。


☆今回は、画像をスライドショーにてお楽しみいただきたい..☆
↓↓真ん中のスタートボタンをクリックで再生↓↓

BGM:「夢見月」

*****************************************************

ところで、このセミナーを最後に・・Clover portの次年度以降の体制編成が行なわれた。

スタッフ各自の志を尊重したく、今後ご自身の道を極めたいという意思の元、それぞれの道に向かうスタッフ2名送り出す事となった..
Clover portにあって…ある意味、そのような人材を生み出せたものとうれしく感じる次第..
是非とも、今後に向けてご自身の思いの丈を存分に活かして、がんばっていかれることを心より応援していますm(__)m
Arakaki write by

2009年3月24日火曜日

始まりましたっ!

先達てから告知ご案内申し上げていた
    「パソコンを教えてみようっ!」セミナー
                 2日目が無事終了っ!

準備段階で、アレコレと思い悩んだり・・準備することがワンサカとあり、四苦八苦状態であったが…何とか初日にこぎつけた次第..
不覚にも初日に、1番大事な物を忘れるというオチ付きだったが…取りに戻っても余りある時間で動いていたおかげで、セーフ^^;

そんなスタートを切ったが、ご参加の皆さまのパワー溢れる熱気に・・・当てられ、昨日はドっドっ!!と疲れ果てたような状況^^; 昨夜は本当に情けない位…(苦笑)

初日が始まり、気持ちに安堵も生まれ・・本日2日目っ!
昨日は、3月というこの年度末の慌ただしい中にあり・・12名中8名の出席状況であったのだが…
本日は、11名..もっと熱気が増したようなひとときであったっ!

1週間とはいえ、本来はそんな短い時間ではあり得ないような内容を皆さんに端的にお伝えする為にポイント・・ポイントをチョイスしての講義である..
その中から、受講される皆さんが何かを1つでも自分の物にして頂けると幸いだと願いつつ…

通常のパソコン講座とは異なり、操作自体の学習ではなく・・
操作のコツを得ることで、より教える立場としての技を習得頂きたいと願っている次第。
それを得ることで、終了後に自らが深く学ぶためへの好奇心を抱いて頂きたいと…

残り5日間..お互いが良い関係の中で・・学ぶ側と指導させて頂く側として繋がっていきたい..

Arakaki write by

2009年3月14日土曜日

残すところ1週間..

今年度最後のセミナーとして、
パソコンボランティアグループタイアップセミナー【パソコンインストラクター養成講座】..

順調に受講者のお申し込みもあり、1週間後には無事実施にこぎつける算段となったところ..
多くの女性の方々が、インストラクターを目指すばかりでなく・・パソコンの技術に興味を持っておられるということに、改めてうれしく感じている次第である。

常に、進歩を目指すことはとても大切なことだと思う..
置かれた所に踏みとどまっていては、前進は得られない..
何かしら、どんな形にせよ、自らを起き上がられさせるのは、自分自身のみっ!
誰の力でもない、自分の力を持ってしなければ・・例え差しのべられた手であろうと役に立たないことになると個人的には思うのである。

だからこそ、積極的に前に進もうとする女性達に常にエールを送って行きたい・・とまた新たな思いに掻き立てられる今日この頃である。。

Arakaki write by